人数別おせちのサイズの選び方!段数は?大きめがおすすめ?

人数別おせちのサイズの選び方!段数は?大きめがおすすめ?

おせちは様々なサイズがあって、段数は一段から六段まであります。
サイズについては一般的な6.5寸(19.6p×19.6p)から、大きめな8.5寸(25.7p×25.7p)や、それ以上もあります。
形も正方形、長方形、八角形、キャラクター物と様々ですね。

 

人数に応じて、どのサイズで何段のおせちを選べばいいのでしょうか。
お正月に集まる人数から逆算して、おせちのサイズを決めましょう。

 

集まる人数とおせちのサイズの目安

2〜3人=二段重

夫婦二人で新年をお祝いするなら二段重でちょうどいいでしょう。1人一重ずつの二段重ねのおせちもありますよ。

 

スポンサードリンク

 

3〜4人=6.5寸三段重

6.5寸三段重はおせちのサイズで一番一般的です。その分展開しているおせちの種類が多く、好きなタイプを選ぶことができるのも大きなメリットです。
6.5寸三段重より量が多い、特大サイズの一段重もあります。容量的には4〜5人前くらいあります。とにかく見た目が豪華なので、インパクトを求めるならこちらもアリですね。

 

5〜6人=8.5寸三段重

6.5寸の四段重とほぼ同じ量ですが、せっかくお正月に大人数が集まるなら8.5寸がおすすめ。
6.5寸と比べると見た目の豪勢さが段違いなので、一目で「お〜!」とテンションが上がると思います。

 

7〜8人=8.5寸三段重+α

7〜8人だと8.5寸三段重1つだと少し足りないかもしれません。見た目が豪華な8.5寸一つ、もう一つ小さめのおせちを頼むのがおすすめ。
1つにまとめたいなら、容量的には6.5寸六段重が人数的にはピッタリです。

 

以上がおせちの量を選ぶときの目安ですが、おせちは保存が効く料理が多いため、サイズ選びで迷ったら大きめを選ぶのも手です。せっかくのお正月です。新年早々「量が足りない・・・」と後悔するのもつまらないと思います。