おせちは「冷凍」と「生」がある

おせちは「冷凍」と「生」がある

通販でおせちを選ぶ際に大切なのが、冷凍おせちを選ぶか、生おせちを選ぶかです。
冷凍おせちは、作りたてを冷凍して送るタイプ。
生おせちは作りたてをそのまま冷蔵便で送るタイプになります。
そのままの意味ですが、それぞれにメリットとデメリットがありますので、
それを把握した上で冷凍か生か決めましょう。

 

生おせちのメリットは作ったままの味が家に届くので美味しいところ。
そして解凍に手間や時間がかからず、すぐに食べられます。
デメリットは食品の劣化が心配というところでしょう。

 

確かに生なので、配送に時間がかかるなら劣化は心配です。
しかし、販売元も品質管理には万全をつくしています。
生おせちを配送して劣化したおせちが届くようならその販売元の評価は落ちてしまうので、
品質管理は特に気を付けているポイントです。
劣化する可能性がある遠くの地域には販売不可としている生おせちも多いです。
生おせちの注文ができる地域なら劣化の心配はほとんどありません。

 

そもそも、おせち料理は正月に料理をしなくても済むことを目的に日持ちする料理を集めています。
ということで、比較的に日持ちしやすい品が詰められています。
生おせちの劣化は巷で言われるほど心配する必要はないのが実情です。

 

冷凍おせちのメリットは作りたてを急速冷凍するので鮮度の心配がなく、劣化もありません。
デメリットとしては解凍方法を間違うと美味しくなくなるというところがあげられます。

 

しかし最近の冷凍技術を見てみると、
解凍方法を間違えなければ作りたてと変わらないおせちも数多くあります。
作った瞬間に急速冷凍しているで、生おせちより新鮮で美味しいと言われているおせちもあります。
冷凍おせちが美味しくないというのは過去の話になつつあります。