【徹底比較】冷蔵おせちと冷凍おせちのメリットとデメリット

【徹底比較】冷蔵おせちと冷凍おせちのメリットとデメリット

おせちを選ぶときに、冷凍おせち、冷蔵おせち(生おせち)どちらを選べば良いか悩みますよね。
冷凍おせちは、作りたてを冷凍して送るタイプです。
一方冷蔵おせちは作りたてをそのまま冷蔵便で送るタイプになります。
冷凍、冷蔵それぞれにメリットとデメリットがありますので、それを把握した上で決めましょう。

 

冷蔵おせちのメリットとデメリット

メリット

作ったままの味が家に届く
解凍する必要がない

冷蔵タイプは作ったままの味が届いて、解凍する必要もなくすぐに食べられるのがメリットです。
急速冷凍技術が発達し、冷凍と冷蔵の味の差はほとんどなくなってますが、それでも素材によっては多少風味が落ちることもあります。

 

デメリット

賞味期限が短い
真空パックの場合、開封して盛りつける必要がある
防腐剤や保存料を使用している場合がある

冷蔵おせちは劣化を防ぐために、防腐剤や保存料をしている場合があり、味も基本的に濃いものになっています。
また風味を落とさないため真空パックに個別包装されている場合、開ける手間がかかります。
また賞味期限も短いので、すぐに食べきる必要があります。

 

スポンサードリンク

 

冷蔵おせちは配送中に劣化する?

「配送に時間がかかって劣化してしまうのでは?」と心配かもしれませんが、販売元も品質管理には万全をつくしています。
劣化した冷蔵おせちが届くようなら、その販売元の評価は落ちてしまいます。実績のある販売元を選べばその心配は不要です。
劣化する可能性がある遠くの地域には販売不可としている冷蔵おせちもあります。
おせち料理は正月に料理をしなくても済むことを目的に日持ちする料理を集めたものなので、劣化は巷で言われるほど心配する必要はないのが実情です。

 

冷凍おせちのメリットとデメリット

メリット

作りたてに近い味が楽しめる
賞味期限が長い(1〜2カ月)
盛りつけの必要がない
うす味のタイプもある

「冷凍のおせちで作りたての味?」と思うかもしれませんが、冷凍おせちは作りたてを急速冷凍します。
よく冷凍おせちは味が落ちると言われますが、現在はそんなことはありません。
冷凍で味が落ちるのは冷凍によって細胞膜が壊れ、ドリップが出てしまうのが原因です。
急速冷凍することでドリップを防いでいるので、今は冷蔵と冷凍の味の違いはほとんどありません。
むしろ出来立ての味に近い、とも言われます。
また味を濃くして保存期間を延ばす必要がないため、薄味のおせちがあるのもメリット。
賞味期限が長く、解凍すればそのまま盛りつけの必要がないことも強みです。

 

デメリット

物によっては冷蔵より風味が劣る

 

急速冷凍とはいえ、完全に風味を守ることはできません。物によっては風味が落ちることもあります。
またもし解凍方法を間違えてしまうと、美味しくなくなるのもデメリットとしてあげられます。