おせち 食材 由来

おせちの食材にはそれぞれ意味と由来があります。
おせち料理には家族の幸せを願う意味があります。
縁起ものの料理の意味を知るといつも以上におせち料理が楽しく、ありがたくなると思います。
ここではおせち料理の意味を一品ずつご紹介します。

 

黒豆

「まめに働ける」から、元気で健康に過ごせるような意味が込められています。

 

数の子

数の子とはニシンの卵のこと。ニシンを漢字にして二親。両親からからたくさんの子が生まれることを願っています。

 

田作り

昔、小魚を肥料にして畑ににまいていました。そこから豊作を願った縁起物が田作りです。

 

海老

海老といえば長いひげと曲がった腰。つまりお年寄りを表していて、長寿祈願の縁起物です。

 

昆布

洒落のようですが、「喜ぶ」から「昆布」です。家族みんなが幸せになれるよう願いが込められています。

 

栗金時

見た目が黄金色の栗金時。財宝にみたてて、お金持ちになる願いが込められています。

 

お重の意味

おせち料理は重箱を重ねて構成されていますが、重ねることにも意味があります。
めでたい縁起物の入ったお重を重ねることで、おめでたいことを重ねるという意味があります。
おせち料理の基本構成は四段重ね。基本的な詰め方もありますのでご紹介します。

 

一の重

祝い肴と呼ばれ、黒豆、数の子、田作りを詰めます。

 

二の重

口取りと呼ばれ、伊達巻や栗金時といった甘いものを詰めます。

 

三の重

魚や海老の焼き物など、主に海の幸を詰めます。

 

与の重

野菜類の煮物など、主に山の幸を詰めます。四の重あえて呼ばないのは、四が死を連想させる縁起の悪い数字だからです。