おせち料理の由来一覧表!子供向けに簡単に作ってみた

おせち料理の由来一覧表!子供向けに簡単に作ってみた

みなさんは節句(せっく)という言葉を聞いたことはありますか。
日本には節句が5つあって、1月、3月、5月、7月、9月といった奇数月の「月と日が同じ数字の日」が節句の日です。覚えやすいですね。
ルール通りだと1月1日、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日が節句になる・・・はずですが、1月1日だけは新年の始まり日なので、節句が1月7日に移動させられています。「元旦」はやっぱり大事な日なので特別扱いですね。
1月1日は「元旦」と呼ばれて、おせち料理をお供えして神様に願い事をしながら家族で新年をお祝いをする日です。
だから、おせち料理は神様に「健康でいられますように」「幸せになれますように」といったメッセージ(=願い)が込められているんです。

 

重箱の意味
おせちは料理だけでなく、容器である重箱にも意味があります。
箱を重ねるのには、幸せが重なっていくよう願いが込められています。・・・ちょっと欲張りですね(笑)
重箱は5段重が正式とされていて、入れる料理も決まっています。
一の重・・・縁起物
二の重・・・お肉、魚介類など焼き物
三の重・・・野菜類の煮物
四(与)の重・・・酢の物
五の重・・・空っぽ
※地方によって違う場合もあります

 

 

一の重の中身の意味

 

一の重は一番始めに開けて神様の目に付きやすい、という理由で縁起物を詰めます。祝い肴(ごまめ、黒豆、数の子)と口取り(甘めの味付けのお祝い事の肴)を中心に詰めます。
黒豆 黒く日焼けするくらいマメに働けるように。黒は魔除けの色ともされています。
数の子 子宝に恵まれますように(数の子の親はニシン=二親。両親からからたくさんの子が生まれることを願って)
田作り 豊作になりますように(イワシは農作物の肥料になるので)。豊作のことを「五万米」とも呼びますが、田作りもそれにちなんで「ごまめ」と呼ばれます。
栗金時 お金が増えますように(黄金色で財宝のようなので)。「かち栗」と掛けて「勝負に勝てますように」という意味も。
だて巻き 勉強が出来るようになりますように(形が巻物に似ているため)
かまぼこ 縁起物。半円型が日の出の形。また紅白はおめでたい色。
きんぴらごぼう 強く丈夫でいられますように(無敵に強い「坂田金平」から来ているため)
たたきごぼう 細く長い幸せが続きますように(ごぼうの形から)
ゆり根 仲良く穏やかに過ごせますように。(ゆり根は球根が多く重なっている形状から、仲良しの意味)
昆布巻き 子孫が繁栄し、幸せになれますように。(「子生(こぶ)」の当て字、「よろこぶ」の語呂合わせ)

 

 

二の重の中身の意味

 

ニの重には海産物や肉の焼き物を入れるので、主役料理・メインディッシュの箱と言っていいでしょう。
エビ 長生きできますように。(エビは腰が曲がって、ヒゲが生えているので)
鯛 縁起物。「めでたい」の語呂合わせ、「芽出たい」の語呂合わせで「努力が実りますように」という意味も。
ブリ 出世できますように。(ブリは出世魚のため)
うなぎ 出世できますように。(うなぎのぼりという言葉から)

 

あわび 末永く発展しますように。(あわびの身は長くのびるので)
タコ たくさん幸せが来ますように(多幸(たこ)と掛けて)
ハマグリ 夫婦が仲良くありますように(ハマグリの2枚の殻は、他の殻とは合わない形になっているので)
トコブシ 幸せが貯まりますように。(別名フクダメ=「福を貯める」のため)
三の重の中身の意味

 

三の重には野菜類、主に山の幸の煮物を入れます。
コンニャク、ニンジンなど名前に「ん」が入るものは、発音が近い「運」がつき、根菜は根気がつくと言われています。
煮しめ 家庭円満に過ごせますように。(1つの鍋で様々な食材を煮込むことから)
レンコン 明るい未来が訪れますように(穴があることから、「将来を見通せる」の意味)
ごぼう 仕事や家庭が安定しますように。ごぼうの根が深くにしっかりと張ることから。
くわい 努力が実りますように。くわいは芽が出やすいため。
里芋 子宝に恵まれますように。里芋には小芋がたくさんくっついているので。
たけのこ 子どもがまっすぐ育ちますように。たけのこは成長が早く、まっすぐ伸びることから
しいたけ 長生きできますように。しいたけのカサを、長生きのカメの甲羅に見立てて
梅花にんじん 物事が実現しますように。梅は花が咲くと必ず実ができることから。
手綱こんにゃく 家庭円満になりますように。良い出会いがありますように。綱のような形から、縁を結ぶの意味がある。

 

 

四の重の中身の意味
四の重には基本的に酢の物が入ります。四が死を連想させる縁起の悪い数字という理由から、「与の重」と呼ばれることもあります。
酢蓮 努力が実を結びますように。幸せな未来が訪れますように。花の形から、花が咲いた後に実が実ってほしいという意味。レンコンの穴から未来の見通しが良くなって欲しいという意味。
菊花カブ 長生きできますように。菊は長寿を意味するので。
紅白なます 縁起物。にんじんと大根が紅白の水引に似ている。
五の重の中身の意味
五の重は「控えの重」とも呼ばれ、何も入れません。
入れないのは「これから神様にいただく幸せを詰めるため」という意味が込められています。
せっかく用意してくれた福がどこにも入らないんじゃ、神様も「そっちが色々お願いしたくせに・・・」と困ってしまいますよね(笑)
こういうのって日本人らしくてシャレがきいてて面白いですね。

 

おせち料理には、一品一品それぞれに「家族が幸せになれますように」という思いが詰まっています。
その料理の意味をわかった上で食べると、いつもより美味しく感じるかもしれません。
「これなんで正月に食べるか分かる??」と聞いて、正月から家族でクイズ大会なんてのも盛り上がりそうですね。
正月は家族が大勢集まる大事なイベントです。
年に一度家族で集まっておせちを食べるのは、家族へのありがたみや愛情を再確認するためかもしれませんね。
おせちはなんで「おせち」って名前になったの?
昔の日本ではおせち料理は、元旦だけに食べるものではありませんでした。
先ほど少し登場した5つの節句、通称「五節句」と元旦に食べられていました。
節句の日に神様にお供えしてしていたので、当時は御節供(おせちく)と呼ばれていました。
節句の行事は最初は宮中だけで行われていましたが、段々と元旦のお供え文化が庶民にも広まっていって、「おせちく」が短く「おせち」と呼ばれるようになったと言われています。

 

他の節句にはどんなものがあるの?
日本にある五節句をご紹介します。
1月7日 人日(じんじつ)の節句
七草の節句で、七草粥を食べて無病息災を願う節句です。

 

3月3日 上巳(じょうし)の節句
桃の節句で、ひな祭りで女の子の成長を願う節句です。

 

5月5日 端午(たんご)の節句
こどもの日で男の子の成長を願う節句です。

 

7月7日 七夕(しちせき)の節句
笹の節句で、七夕で願い事をする節句です。
9月9日 重陽(ちょうよう)の節句
菊の節句で、不老長寿や子孫繁栄を願う節句です。