皆おせちをいつ食べる?どのタイミングで食べてるかアンケート結果!

皆おせちをいつ食べる?どのタイミングで食べてるかアンケート結果!

「おせちは元旦に食べるもの」と思っている方が多いと思いますが、実はおせちをいつ食べるかは地域によって異なります。
そもそも、おせち料理はどのように始まったかというと、起源は平安時代まで遡ります。
当時から宮中で「元旦」と「五節句」で「お節供(おせちく)」という料理を神様にお供えするという文化がありましたが、これが江戸時代になって庶民の生活へ浸透していきました。次第に一年で一番特別な元旦に家族で食べたり、お客さんをもてなしたりする料理を指すようになり、名前も「おせちく」から「おせち」に短縮されたのです。
そういう経緯から元旦に食べられることが多いおせちですが、一方で大晦日に食べる地域もあります。
北海道や東北地方の一部では、大晦日を「年取り(としとり)」と呼んで、この日に一歳年を取る風習がありました。
そういった地域では、大晦日におせちを誕生日のお祝いのように食べられていて、その名残が残っていると言われています。

 

こういう訳で、おせちはいつ食べるのが正解かといえば、元旦・大晦日どちらも正解ともいえます。
風習はもちろん大切ですが、もっと大切なのは新しい年を家族みんなで迎える事です。
最近はお酒を飲みたくなるつまみを集めたおせちもありますし、家族が大晦日に集まりやすいならおせちをつまみつつ夜からワイワイと過ごしてもいいでしょう。
新しい年を迎えるおせち、新しい年を迎えてのおせち、どちらも気持ちが大切ですね。

 

でもおせちは元旦派の方が多数でしょ?
「あなたはいつおせちを食べますか?」というアンケートがあったので、集計結果をご紹介します。
1位 元旦の朝 52.1%
2位 元旦の夜 16.1%
3位 元旦の昼 11.4%
4位 大晦日の夜 10.6%
5位 1月2日以降 7.4%

 

これを見ると80%以上の人が元旦におせちを食べていることが分かります。圧倒的多数ですね。
「おせちは元旦という特別な日に家族で集まって食べるもの」という意見が多かったようです。
時間帯でいえば元旦の朝が一番多いですが、「大晦日は夜更かしするので、お昼に起きてから食べる」「挨拶まわりをするので落ち着いた夜に食べる」など、家族の正月を過ごすスタイルで食べる時間も決まってるようです。
「大晦日はおかずを用意しないので、年越しそば&お酒と一緒に食べる」と大晦日におせちを楽しむ人、「年明けは子どもたちがライブに出掛けてしまうので、落ち着いてから食べる」と1月2日以降に楽しむ人、本当に家族それぞれです。
共通しているのは「家族みんなで食べたい」という気持ち。風習を気にしている人はあまりいません。
新年を迎えるにあたって家族で食べられれば、おせちはいつ食べてもいいのではないでしょうか。