おせちの正しい詰め方

おせちの正しい詰め方

おせちを家庭で手作りしたり、市販の物を重箱に詰める場合、どのように詰めるのか迷った事はありませんか。
彩りよく詰める事も大切ですが、一般的な詰め方というものがあるのをご存知の方はどのくらいいるでしょうか。
おせち料理にはそれぞれ意味があるという事は知っている方も多いようですが、詰め方にも決まりがあります。

 

重箱に詰めるのは「幸せが積み重なるように」という意味が込められています。
上から順に一の重、二の重、5段重ねの場合は四は縁起が悪いので「与の重」と呼ばれます。
3段の場合、一の重には祝い肴・口取りを詰めます。
お屠蘇を飲むときの祝い肴、子供がつまむ甘い栗きんとんなどです。

 

二の重にはメインとなる焼き物を中心に詰めます。
エビや鯛、数の子などです。
酢の物などを詰めるのも一般的です。

 

三の重には煮物を詰めます。
ただそのまま入れるのではなく、扇型になるように具材を分けて詰めると良いでしょう。
地域によっては違いがあるかもしれませんが、おせちの一般的な詰め方も知っておくとよいですね。