おせちの「祝い肴三種(三つ肴)」とは?意味と由来をご紹介

おせちの「祝い肴三種(三つ肴)」とは?意味と由来をご紹介

おせち料理は地域や家庭によって料理が違いますが、共通して必ず入るのが「祝い肴三種(三つ肴)」です。
これはおせちの三種の神器といってもよく、具体的には「黒豆・数の子・田作り」の三種類のことをいいます。
それぞれの料理の意味と由来をご紹介します。

 

黒豆
「日焼けして黒くなるくらい、まめに働けますように」という意味が込められています。
また黒は邪気を払う色ともいわれています。
関東では「シワができるまで長生きできるように」という長寿の願いを込めて、黒豆がシワシワになるように作るところもあります。

 

数の子
数の子は一つに卵がたくさん詰まっているので「子宝」「子孫繁栄」の意味があります。
またニシンの卵ですので、漢字を当てて「二親」=「両親」が健在であるようにという願いも込められています。

 

田作り(ごまめ)
田作り(たづくり)、地域によってはごまめ、と呼ばれる料理はカタクチイワシの稚魚を甘辛く煮たものです。「豊作祈願」という意味があります。
名前の由来は田作り、ごまめ、どちらも似ています。
カタクチイワシを肥料にしたところ豊作になったので、「田んぼを作ってくれた」という意味で「田作り」。もしくは五万米の米が取れたから「ごまめ」です。
関西では田作りではなく、たたき牛蒡が入る事もありますが意味は田作りと同じく「豊作祈願」です。

 

どの地域でもこの3つの思いを込めるのはかわらないというのは日本人らしいと言えますね。

 

祝い肴三種はどこに入れる?
祝い肴三種は重箱の一番上である「一の重」に詰めます。
一の重は神様の目につきやすいといわれていて、おせちの中でも特に縁起のよい料理が入ります。
味の方も、お屠蘇と一緒につまみやすい料理が中心になっています。
お酒が飲めない人、子供も一緒に食べられるよう、味付けも甘めのものが一般的です。
おせちの主役ともいえる「祝いの肴三種」はお正月には欠かせない物なので、縁起を担ぐ意味でもぜひ口にしたいですね。