北海道ではおせちを大晦日に食べる?元旦には食べないの?

北海道ではおせちを大晦日に食べる?元旦には食べないの?

一般的には元旦に食べるおせちを、北海道では大晦日から食べる地域があります。
テレビでも紹介され話題になりましたね。
北海道ではそもそもおせちを食べない家庭も多いようですが、食べる家庭では大晦日に食べるケースが多いようです。
一般的には「1年頑張ったご褒美に大晦日にご馳走(おせち)を食べる」と理解されてるようですが、旧暦の名残ともいわれています。

 

旧暦が使われていた昔は、誕生日に歳を取るのではなく、年が明けると全員が1歳年を取るようになっていました。
また、日が沈むと次の1日が始まると考えられていたので、大晦日の夜が正月のスタートだったのです。
これが、大晦日が「年取り(としとり)」とも呼ばれる所以です。
そして大晦日の夜には「年取り膳」が振舞われ、みんなで新年をお祝いしていました。

 

旧暦の考え方をするなら、おせちを大晦日の夜に食べるのは何も間違っていません。むしろ正しいといえます。
北海道ではそういった古い名残があって、今でも大晦日におせちを食べてるんですね。

 

また、北海道に限らず東北地方など雪が多い地方には、大晦日におせちを食べる地域がチラホラあります。
これは、もう一つの説が関係しています。
寒い地方の冬は雪で仕事ができないため、男性が出稼ぎに行くのが当たり前でした。
男たちは大晦日には帰って来ますので、労をねぎらうためにごちそうが振る舞れていて、それが大晦日のおせちに繋がったという説です。
なるほどそう考えると、長野県や静岡県の一部でもおせちを大晦日に食べる風習があるのも頷けますね。

 

「大晦日=正月という考え方なら、北海道は大晦日には年越しそばは食べない?」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。
しっかり大晦日に年越しそばを食べます。
おせち&年越しそばなら、北海道は豪華な大晦日になりそうですね。
レアな古い風習を残しつつ、メジャーな伝統もこなすのは、北海道のフロンティアスピリッツがなせる技なのかもしれません。

 

氷頭なます
氷頭というのは鮭の口先の軟骨部分のことで、透きとおっていてコリコリした食感が楽しめます。
甘酢でつけて大根といただくので、さっぱりとした味わいが楽しめます。
北海道のおせちに欠かせない料理です。

 

茶碗蒸し
北海道のおせちには茶碗蒸しが欠かせません。
本州の茶碗蒸しとの違いは栗の甘露煮が入っていること。味付けも甘めになっています。

 

鮭の飯寿司
飯寿司ときくと、普通のお寿司を想像するかもしれませんが、魚とご飯を一緒に漬け込んだ発効食品です。
昔から伝わる保存食で、柔らかな酸味と甘みが染み込んだ鮭の味わいが楽しめます。

 

くじら汁
北海道の正月にくじらは欠かせません。
塩くじらに熱湯をかけて脂を抜き、野菜、山菜、コンニャクなどを入れ醤油味の汁で煮込みます。
ポイントは一晩寝かせることです。素材にしっかりと味が染み込んだくじら汁を温め直していただきます。
大量に作れば、一週間程度は煮込まれ具合が日々変わっていくのを楽しめます。