東北地方のおせち料理をご紹介!種類と特徴は?

東北地方のおせち料理をご紹介!種類と特徴は?

お正月といえばおせちですが、地域によってお正月にいただく料理は様々。
特に寒い地方の正月料理は地域柄が良く出ています。
今回は東北地方のおせち、正月料理をご紹介していきます。

 

東北のおせち料理
青森県
青森県の正月の定番といえば、いちご煮。
ぱっと聞いただけだとスイーツかと勘違いするかもしれませんが、お吸い物です。
ウニとアワビを使った大変贅沢で味わい深い一品です。

 

宮城県
マグロとカジキの紅白刺身
漁師が船から持ち帰ってくれる正月の定番料理。
マグロの赤身とカジキの白身が紅白でめでたく、しかも美味しいという贅沢な一品です。

 

真鱈のこあえ
鱈を根野菜と高野豆腐などと煮込み、タラコをあえた料理です。
鱈の淡白な味と、たらこの濃厚な味が絶品です。

 

ホヤ雑煮
宮城県の名物であるホヤを使った珍しい雑煮です。
具材が豪華なのが特徴で、ホヤの塩味が良いアクセントになっています。

 

あめもち
餅を水あめで煮て、きな粉をかけて食べる甘い餅です。
子どもが大好きな味で、お雑煮と一緒に食べる地方もあります。

 

 

あんこもち
宮城県は甘い餅が好きなんですね。
つぶあん、こしあん、どちらも人気のあんこ餅です。

 

秋田県
ハタハタ寿司
秋田のお正月といえばハタハタと言ってもいいでしょう。
ハタハタを、米麹で漬けた「ハタハタ寿司」はおせちには欠かせません。
秋田県の郷土料理で、最近ではお正月以外でもお土産としても人気があります。

 

豆腐カステラ
豆腐カステラは秋田県で人が集まる場面の菓子としても欠かせません。正月もしかりです。
豆腐に砂糖、卵などを加え、カステラの形に焼き上げます。マイルドな甘さが特徴。

 

鯉の甘煮
鯉は「鯉こく」で食べられることが多いですが、正月料理としては甘煮が定番です。

 

納豆汁
秋田といえば納豆の発祥の地。
すり潰した納豆にだし汁を入れ、具材を加えて味噌汁にしたものが納豆汁です。

 

雑煮
秋田のお雑煮は具沢山でけんちん汁のようですが、味はあっさりとしています。
家庭によって味付けは様々で、ハタハタの調味料、ショッツルで味付けするタイプなどがあります。

 

山形
カラカイの煮物
カラカイとは干したエイのことで、これを醤油などで煮た料理が山形県のおせちの定番です。
お祝いの場でよく見掛ける、迫力ある料理です。

 

納豆汁
山形県でよく作られる冬の代表料理。納豆の粘りが体の芯から温めてくれます。

 

ひょう干しの煮物
ひょうとは野草「すべりひゆ」のことで、夏に摘んだひょうを乾燥保存させたものを煮込んだ料理です。
「ひょう」→「ひょっとしていいことがありますように」という語呂合わせから縁起物とされています。

 

岩手県
氷頭なます
氷頭は「ひず」と読む、鮭の頭の軟骨のこと。
氷頭なますは、それを薄切りにして大根、ニンジンと酢の物にしたものです。
北海道でも良く食べられる、正月の定番料理です。

 

チョロギ
チョロギは「長老喜」と書くシソ科の地下茎植物です。沢山なることから「子孫繁栄」の縁起物として正月に食べられます。
チョロギを丁寧に水洗いして、漬け物にしていただきます。

 

 

 

どんこなます
どんこはエゾアイナメのこと。
どんこを焼いて身をほぐしたあと、内臓、大根おろしと一緒に酢であえます。
お餅と一緒に食べれば、手が止まりません。

 

紅葉漬
紅葉漬は鮭の身とはらこを醤油漬けしたものです。
秋の紅葉のような色をしていることから、「紅葉漬」と呼ばれます。

 

 

もち料理
岩手県は「もち文化圏」と呼ばれており、もち料理の種類はは日本一とも言われます。
「ずんだもち」をはじめ、100種類以上のもち料理があるとか。
岩手県ではお祝い事、催し物の際はよく餅つきが行われるのが特徴です。

 

くるみ雑煮
岩手県のくるみ雑煮は、お正月には欠かせません。
お餅にくるみを砂糖で作った「くるみだれ」をつけて食べるのが特徴です。

 

福島県
こづゆ
こづゆとは会津塗りのお碗でいただく、お吸い物のこと。
ホタテの貝柱でだしを取り、豆麩、野菜、里芋、きのこなどを加えた、醤油味のお吸い物です。

 

いかにんじん
福島県の正月といえば、いかにんじん。
細切りにしたスルメイカとニンジンを醤油味の出汁に漬けて出来上がりです。
イカの甘さと醤油のコクがたまらない一品です。食感はトロっとしています。

 

棒鱈煮
砂糖を大量に使うため、昔は裕福な家だけで食べられていた贅沢料理。
鱈の煮干しを水で戻し、醤油や砂糖などで2日かけてに煮上げます。濃厚な甘さが特徴です。