中部地方のおせち料理ってどんなもの?種類と特徴をご紹介

中部地方のおせち料理ってどんなもの?種類と特徴をご紹介

中部地方のおせちの特徴は「海側と山側で使われる具材に差がある」こと。
その分地域の特色が色濃く出ているため、見比べてみると楽しいです。
こちらでは中部地方のおせちをご紹介していきます。

 

山梨
山梨ではあわびをしょうゆで漬け込んだ「煮貝」が入ります。
海のない山梨であわびの料理が入るのは少し不思議ですが、駿河の海の幸を煮込んだ物が山間部でも食べられていたようですね。

 

長野県
鯉料理
長野県といえば鯉料理で、正月には欠かせません。全国的にも有名な「佐久鯉」は長野県産です。
寒暖の差がある千曲川の清流で育った佐久鯉は身が締まっていて臭みがありません。
鯉はあらい、鯛こく、焼き物など、さまざまな調理法で食べられています。

 

長芋ようかん
長芋をすりおろして、ようかん状に固めたもの。
ようかんといいながら、味付けに砂糖を使わないので、山芋本来の味が楽しめます。正月の定番ですが、普段から食べられています。

 

新潟県
のっぺい汁
料理で残った野菜の皮などをごま油で炒め、煮て出汁を取るエコな汁物。
醤油で味付けをし、片栗粉でとろみをつけるのが特徴です。
主な具材は里芋、ニンジン、油揚げなどですが、入れる具材は基本的になんでもOK。具だくさんにすればするほど美味しいといわれます。

 

かきあえなます
新潟県は菊の花をよく食べます。
紫色の食用菊を「かきのもと」にきゅうり、きゃべつ、干し椎茸、油揚げなどを酢で和えてなますにしたのが「かきあえなます」で正月の定番料理です。

 

富山県
五箇山豆腐
富山といえば固い豆腐の「五箇山豆腐」が有名で「ごかやまとうふ」と読みます。
煮くずれしないので、色々な料理に使えます。お正月にもよく食されます。

 

石川県
鯛の唐蒸し
「鯛の唐蒸し」は、二匹の鯛の腹におからを詰めて蒸して、大皿に並べた料理です。
石川県では正月や慶事には欠かせない料理で、鯛だけにめでたい縁起物です。

 

べろべろ
溶かした寒天に卵を注いで固めた料理で、よく「お菓子だか料理だか分からない」と言われます。
たまごをちらした様子が「亀の甲羅=べっこう」に似ていることが名前の由来となっています。
しょうがが効いた上品な料理で祭礼などでも振る舞われます。
福井県
里いものころ煮
福井県といえば里いもが有名です。 里芋の煮っころがしも、福井産を使うだけであら不思議。
しっかりと歯ごたえがあり、煮くずれせず、自然な甘さが楽しめます。福井の正月の定番です。

 

打ち豆なます
大豆、大根、にんじんと酢を和えたなます。さっぱりとした味わいが楽しめる、おせちにもよく入る料理です。

 

 

静岡県
ブダイの煮付け
ブダイは冬になると、海藻を好んで食べるので身が美味しくなります。主に煮付けにしたものお正月に食べます。
ブダイという名前の由来には@身体が鎧のようなので「武鯛」、A舞うように泳ぐ姿から「舞鯛」、B鯛よりも不格好なので「不鯛」という3つ説があります。

 

 

愛知県
ひきずり鍋
ひきずり鍋は「鶏すきやき」のことです。食べるときに鶏肉が鍋の底をひきずるからその名前が付きました。
「過去をひきずらないように」という意味がある縁起物で、大晦日や正月によく食べられます。

 

岐阜県
大根ずし
塩ニシンを米麹と大根と一緒に漬け込んだもの。最低でも20日程度は漬け込みます。
お正月をお祝いするご馳走で、焼いて食べても美味しいです。