京都のおせち料理「にらみ鯛」とは

京都のおせち料理「にらみ鯛」とは

近畿地方は独特な風習があり、それはお正月のおせち料理の違いにも現れます。
関東と関西では祝い肴三種にも違いがあります。
同じ豊作祈願の意味を持つ料理ではありますが、関東では「田作り」関西では「たたき牛蒡」が祝い肴三種に入っています。

 

おせち料理の中には鯛を使う事は一般的ですが近畿地方主に京都で食べられるのが「にらみ鯛」というお正月料理です。
名前は聞きなれないものの、おせち料理としては鯛は特に特徴的な印象はないと思います。
しかし、このにらみ鯛は食べ方に特徴があります。

 

にらみ鯛はお正月三が日の間は手を付ける事が出来ないのです。
3日間は飾るだけで、食べるのは4日目からなのだそうです。
食べる時も年男から順に、家族そろって食べるというルールになっています。

 

お正月飾りの一つとして飾られていた事もあるようですが、「厄災を睨み付け、寄せ付けない」という意味もあるとても縁起の良い物なのです。
4日目となるとすっかり固くなって美味しくないと感じる人も多いようで、炊き込みご飯にしたりと工夫して食べる家もあるようです。