九州のおせち料理にはどんなのがある?種類と特徴をご紹介

九州のおせち料理にはどんなのがある?種類と特徴をご紹介

九州地方にも特徴あるおせち料理がたくさんあります。
九州から始まって全国区になったおせち料理もあるんです。

 

熊本
からしれんこん
れんこんの穴に「からし味噌」を詰めて、黄色い衣をつけて揚げた郷土料理。
パンチの効いた味が特徴です。

 

長崎
くじら
長崎は正月に「大きなもの」を食べる習わしがあって、ブリや鯛なども食べられますが、特にくじらは欠かせません。
くじら汁などが振る舞われます。

 

佐賀県
アラ料理
アラとは魚のクエのことです。内臓から皮まで捨てるところがないと重宝されています。
正月の時期が最も脂が乗って美味しい魚です。

 

鹿児島
こが焼き
魚のすり身が入った玉子焼きです。
芋きんとん
普通は栗きんとんのところ、鹿児島は特産のサツマイモを使った「芋きんとん」が主流です。
たくさん作ってお重にぎっしりと詰めます。

 

つけ揚げ
近海でとれた魚を使った「さつまあげ」のことです。

 

軟骨煮
豚のナンコツをトロトロになるまで煮込んだ料理。

 

福岡県
がめ煮(筑前煮)
現在、多くの地域でおせち料理には「筑前煮」が入っていますが、福岡の郷土料理「がめ煮」がその起源ともいわれています。
博多弁の「がめくり込む」(寄せ集める)が名前の由来です。
がめ煮の特徴は先に食材を炒めることです。炒めることで食材の味が良くなるとされています。

 

ブリ料理
ブリは成長するに従って名前が変わる出世魚のため、縁起物とされています。
塩焼きが基本ですが、照り焼きにしたり、刺身や雑煮してもいただきます。
「年取り魚」として大晦日からブリを食べる地域もあります。
宮崎
金柑煮
金の冠とかけて、お金のたまる縁起物としておせち料理に食べられます。
ちなみに沖縄は・・・
沖縄では白身魚のこぶ巻きなど、やはりちょっと変わった料理や食材が使われているようです。
沖縄にはおせち料理というものがなかったそうで、祝いの席で振る舞われていた料理がそのままおせちとして食べられているようです。