九州のおせち料理の特徴

九州のおせち料理の特徴

北海道、東北、関東、関西と様々な地域のおせち料理があります。
ご当地おせちなどと言われ、違う地域の人から見ると驚くような料理もあります。
九州にもご当地おせちはあるようです。

 

例えば、長崎ではくじら汁などクジラを使った料理が振る舞われます。
鹿児島では栗きんとんではなく特産のサツマイモを使った「芋きんとん」や「つけ揚げ」があるようです。
福岡などでは「ブリ」が食材として使われるのが一般的です。

 

現在では多くの地域でおせち料理には「筑前煮」が入っていますよね。
この「筑前煮」は元々福岡周辺の郷土料理だったそうです。
「がめ煮」と呼ばれて、昔からお正月などには欠かせないものだったものが全国に広まったのだそう。

 

沖縄では白身魚のこぶ巻きなど、やはりちょっと変わった料理や食材が使われているようです。
沖縄にはおせち料理というものがなかったそうで、祝いの席で振る舞われていた料理がそのままおせちとして食べられているようです。